なぜ大迫はドイツで初の退場処分に? 決勝PK奪取と思われたが…無念の“演技判定”

2-2で迎えた後半アディショナルタイム、大迫が相手エリア内で倒されるも…

 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、現地時間2日にブンデスリーガ第14節でシャルケと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。先発出場の大迫は決定的なシュートを放つなど存在感を示した一方、試合終了間際にドイツに渡ってから初となる退場処分。「物議を醸すイエローカード」とドイツ紙「エクスプレス」は報じているが、日本人ストライカーに何があったのか――。

 試合は大迫が序盤に惜しいシュートを放つも、前半36分にFWギド・ブルグシュタラーの一撃でシャルケが先制。ケルンも後半5分にFWセール・ギラシが同点弾を決める。後半27分にシャルケMFアミネ・ハリトが勝ち越し弾を決めるも、ケルンは再びギラシが決めて2-2に追いつく白熱の攻防となった。

 そのなかで後半アディショナルタイムに、まさかの瞬間が訪れる。ケルンが相手ゴール前に攻め入るなか、こぼれ球に反応したのが大迫だった。味方がドリブル突破を図り、相手DFに阻まれるも、ボールは中途半端な形でエリア内に転がり、大迫が素早く反応。ボールを拾った瞬間、シャルケMFベンジャミン・スタンブリが足を伸ばす。大迫はこれを華麗にかわしたかに思われたが、足が引っかかって転倒した。

 決勝PK奪取かと思われたが、トビアス・シュティーラー主審はファウルを受けたと欺くシミュレーション行為と判定。前半32分と合わせて、この日2枚目のイエローカードを受けた大迫は、ブンデスリーガで自身初の退場処分を受けた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング