話題を呼ぶロナウド愛息の華麗なFK 我が子の一撃に誇り高き父が一言「偶然ではない」

ロナウドJrくんが父親を彷彿させる構えとキックから直接FKで得点

 何事も偶然ではなく理由がある、とはよく言ったものだが、偉大なサッカー選手を父に持つ息子は、受け継いだ才能と日々の鍛錬で目覚ましい成長を遂げているようだ。レアル・マドリードのポルドガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが愛息のプレー動画の“最新版”をインスタグラムに投稿。華麗に直接FKを突き刺す姿に、「ハンパない」「レアルのネクスト・トップスター」といった称賛の声が再び巻き起こっている。

 ロナウドは11月30日に自身のインスタグラムを更新。紅白戦と思われるシチュエーションで、オレンジ色のビブスを着たロナウドJrくんが直接FKに臨む場面から映像はスタートする。目の前に立ちはだかる壁は3人。仁王立ちのような格好でじっとゴールを見つめると、スッと助走に入って右足を一閃。ボールは壁の上を越えてゴールに向かい、最後はややカーブがかかったような軌道を描いてネットに突き刺さった。

 左端の壁の少年が、シュートの瞬間に後ろを向き、身をかがめて壁が低くなっていたエクスキューズこそあるものの、7歳とは思えないほどのキック精度と度胸はお見事。喜びのアクションを一切取らず、静かに自陣に戻る息子の胸中を代弁するかのように、ロナウドは「偶然ではない」と一言メッセージを投稿に添えている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング