日本と同組は幸運!? W杯組み分けシミュレーションでメキシコメディア「願わくば!!」

メキシコはグループAでロシア、日本、エジプトとの同居を希望!?

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ組み合わせ抽選会は、12月1日(日本時間2日午前0時)に行われる。注目の本番に先立ち、FIFAはリハーサルとして何度か抽選を行ってきたが、メキシコ紙は日本と同組になったある回の巡り合わせにスポットを当て、「同じ組になりますように」と対戦を“熱望”している。

「願わくば!! リハーサル抽選会と同じロシア、日本、エジプトと一緒になりますように」

 日本と同組は幸運と言わんばかりの見出しで抽選会目前を報じたのは、メキシコメディア「メディオ・ティエンポ」だ。

 記事によれば、11月29日に行われたリハーサル抽選では、メキシコは開催国ロシア、日本、エジプトとともにグループAに振り分けられたという。その数日前にFIFAが行ったバーチャルシミュレーションでは、アルゼンチンのほか、スウェーデン、モロッコと同組のグループに入ったことも紹介。FWリオネル・メッシ擁する南米の強豪アルゼンチンや難敵のスウェーデンと対峙するよりも、FIFAランク31位のエジプト、同55位の日本、同65位のロシアと同居する今回の組み合わせが望ましいとしている。

 記事では、仮にメキシコがロシア、日本、エジプトと同組になった場合、10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に続き、3大会連続でホスト国と対戦することになるとも記している。

 果たして、“サッカーの神様”はどのような組み合わせを選ぶのか。運命の抽選会は日本時間2日午前0時に行われる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング