ハリル新監督、就任会見(下)「オシムさんにはいつか試合を見てほしい」

「このチームは正直、もっと上に行く」

 日本代表の新監督に就任したバヒド・ハリルホジッチ氏(62)が13日、都内で就任会見に出席した。来日した直後に所信表明を行った指揮官は3年後のロシアW杯に向けて強い意気込みを見せ、まずはアジア予選の突破、さらには本大会での決勝トーナメント進出を目標に掲げた。記者会見の内容は以下の通り(下)。

――ブラジルW杯でアルジェリア代表を率いて韓国代表と対戦した。アジアの印象を聞きたい。

「まずアジア全体は各国レベルが上がっている。ただいわゆるサッカー強国、南米、欧州まで達していない。ここに来る以前も日本代表は知っていた。今はより知っている。ここ2週間、日本のために働いてきた。このチームは正直、もっと上に行く。私と仕事する上ですべてのクオリティーを持っている。

 ただ、いくつかの点で向上しないといけない。それは攻守で。日本代表は数年前、20位、おそらくそれ以上のランクにいたと思うが、そこくらいまでは上げたい。そのためには時間が必要。みなさんの我慢が必要。全員のたくさんの仕事が必要となる。大仁さんと2回会った。彼に要求しました。我々スタッフがファミリーになること。よい仕事のために、よい雰囲気を作ってほしいと言った。

 いい関係作りがグラウンドでいい影響をもたらす。今の日本を今より高いレベルに持っていける。私のノートにもやるべきことをメモしている。今日は詳細に触れないが、いくつかの点を伸ばしたい。本当にいい選手がいる。たくさんのことはできないが、あることはできる。みんなボールをたくさんほしがる。そういった選手にもっといいことができると教えたい。

 ポジショニング、スピードも大事だが、リズムの変化や動きのフェイントなど。小さいこともあるが、そういったことをみなさんに教えていきたい。私はFWの選手。こういったことを踏まえて向上していきたい」

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング