テネリフェ柴崎、1部ベティス移籍の可能性浮上! スペインメディア「興味深い選択肢になる」

プレーオフ決勝は2戦合計2-3で敗退 「2部でプレーを続ける可能性は事実上なく…」

 スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳に同1部ベティス移籍の噂が浮上している。スペインメディア「GOLdigital」は柴崎が来季も引き続き2部リーグでプレーする可能性は低く、ベティス移籍が「興味深い選択肢になる」と指摘している。

 柴崎の所属するテネリフェは来季の1部昇格を懸けたプレーオフで決勝に進出したが、最後はヘタフェの前に2戦合計スコア2-3で敗退し、昇格の夢は叶わなかった。しかし、柴崎はこのプレーオフで計4試合に出場し、1得点2アシストとチームの全得点に絡む活躍を披露して称賛を浴びている。

 6月30日をもってテネリフェとの契約が切れる柴崎の動向には注目が集まっている。記事では「(柴崎は)2部でプレーを続ける可能性は事実上なく、トップリーグでプレーするチャンスを得るためにレアル・ベティスというのは興味深い選択肢になる」と記されている。

 移籍当初は環境への適応に苦しんだ柴崎だが、コンスタントに出場機会を得た今ではすっかりチームを中心選手として君臨している。昨年末のFIFAクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリードから2得点を奪ってその名を世界に知らしめた男が、ついにスペイン1部上陸を果たすことになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング