浦和GK西川が衝撃ミス、飛び出すも処理できず 前半も判断ミスで失点…誕生日は悪夢の1日に

先にボールにコンタクトしたものの、クリアがアダイウトンに当たり、難なく決められる

 浦和レッズのGK西川周作は、衝撃的なミスで散々な誕生日となった。18日のJ1リーグ第15節の本拠地ジュビロ磐田戦でスタメン出場した西川は、後半23分に裏に出たボールに飛び出したものの処理しきれず、MFアダイウトンにゴールを許した。

 浦和が2-1とリードした後半23分、浦和のコーナーキックがつながらずに磐田FW川又堅碁にクリアされると、それがそのままアダイウトンのカウンターにつながる絶妙なパスになった。カバーに飛び出した西川はアダイウトンより先にボールにコンタクトしたものの、クリアはアダイウトンに当たって浦和ゴール方向へ。それを再度確保したアダイウトンに難なく決められてしまった。

 西川は、前半にも飛び出しの判断ミスで失点を招いていた。ロシア・ワールドカップアジア最終予選イラク戦の日本代表メンバーから外れて初の公式戦は31歳の誕生日と重なったなか、悪夢の1日になってしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング