日本代表にアクシデント! 10番香川が前半7分に左肩負傷、苦悶の表情で交代…脱臼の可能性も

シリアMFと球際で競り合い、左手をついた際に左肩を負傷

 日本代表のナンバー10がいきなりのアクシデントに襲われた。MF香川真司(ドルトムント)が7日の国際親善試合シリア戦で試合開始早々に左肩を痛め、わずか10分での負傷交代となった。負傷の詳細は不透明ながら、脱臼の可能性も浮上している。

 前半7分のことだった。シリアMFマハムード・アルマワスとの球際の競り合いの際、香川はもつれ合ってピッチに倒れ込み、左手をついた際に左肩を痛めて苦悶の表情を浮かべた。ピッチに突っ伏した香川は苦悶の表情を浮かべ、チームスタッフが駆けつけ必死の応急処置を行ったものの、10分にMF倉田秋(ガンバ大阪)と交代となった。

 所属するドルトムントでは終盤戦にレギュラーポジションを奪回した香川だったがまさかの負傷交代。13日のロシアワールドカップアジア最終予選イラク戦に向けても大きな不安要素となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング