エデゴーがトップチームの練習に初参加 ベイルにスピードで圧倒される

 

全世界が注目するワンダーキッド

 

 レアル・マドリードに移籍した16歳のノルウェー代表FWマルティン・エデゴーが29日、トップチームの練習に初合流した。

 英地元紙「デイリー・メール」が、この日の様子を伝えている。アンチェロッティ監督が見守る中、スプリントの練習が行われ、ペアを組んだウェールズ代表のFWギャレス・ベイルに挑んだが、圧倒的な差をつけられたという。スペインのみならず、全世界的にもワンダーキッドの一挙一動は注目を集めている。

 エデゴーは、今季レアルBカスティージャでプレーする予定となっているが、アンチェロッティ監督は定期的にトップチームの練習に参加させる予定だという。

 レアル移籍により週給4万ポンド(約700万円)という高給取りとなったエデゴーだが、「僕にとって、お金は問題ではない。いろいろなクラブと話をしたけれど、スポーツ面で最高の選択をした」と語っている。

 レアルBで指揮を執るのはレジェンドの元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏。神童が「史上最高のサッカー選手の1人だね」と心酔するかつての名手の元で成長を目指している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング