U-20W杯でユベントス在籍のイスを巡る争い ウルグアイ代表MFとイタリア代表MFが直接対決

ユベントス強化部も2人の直接対決を重要視

 韓国U-20ワールドカップ(W杯)で日本は南アフリカ、イタリア、ウルグアイという強豪国と同組となったが、ライバル国の出場選手にとっては来季に向けたシビアな争いがあるという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 熾烈な争いを繰り広げるのは、ウルグアイのMFロドリゴ・ベンタンクールと、イタリアのMFロランド・マンドラゴラの2人だという。ともにイタリア王者ユベントスが保有権を持ち、現在ボカ・ジュニアーズ所属のベンタンクールは来季からの加入となり、今季ユベントスに加わったマンドラゴラは途中出場でセリエAデビューを果たしている。

 しかし、この2人に対してユベントスから来季に向けて用意されているイスは一つしかないという。ともにU-20世代のタレントであるものの、2人のうち1人は期限付き移籍で来季はユベントスでプレーできないことが濃厚になっているとされる。大会初戦で日本が南アフリカと対戦したなか、その裏側でのウルグアイ対イタリア戦では来季に向けた才能同士の強烈な直接対決。両者ともに先発し、今回は1-0でウルグアイのベンタンクール側に軍配が上がった。

 ユベントス強化部はこのU-20W杯を2人のプレーを直接見る機会として重要視しているとも報じられている。UEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出している強豪の目は、日本と対戦するゲームにも注がれることになる。

 日本では、バルセロナ下部組織で育ち、飛び級で選出された15歳FW久保建英(FC東京U-18)に話題と注目が集まっているが、ベンタンクールやマンドラゴラとの直接対決により欧州最高峰のクラブの目に留まる日本人選手は現れるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」