シャルケ内田、3カ月半ぶり実戦復帰へ 23日のチャリティーマッチ出場と独紙報じる

昨年12月にELで639日ぶりの実戦復帰 ハノーファーとの一戦から再復帰を目指す

 シャルケの元日本代表DF内田篤人が、23日に行われるハノーファーとのチャリティーマッチで実戦復帰を果たすことになりそうだ。ブンデスリーガ復帰に向けて、確実に近づいている。ドイツ紙「キッカー」が報じた。

 内田は膝蓋腱炎の負傷から回復し、昨年12月8日のUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第6節、敵地ザルツブルク戦(0-2)で639日ぶりに公式戦出場を果たしていた。その後、今度は内転筋を痛めて離脱していたが、リハビリを続けて再復帰に向かっているようだ。

 シャルケは来週23日の木曜日に、2部ハノーファーとチャリティーマッチを行うが、内田はそこでザルツブルク戦以来およそ3カ月半ぶりの実戦復帰を果たす可能性があると報じられている。

 28歳のサイドバックが最後にブンデスリーガでプレーしたのは、2015年3月7日のホッフェンハイム戦(3-1)。すでに2年以上の空白ができてしまったが、待望の瞬間は着実に近づいているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング