フランス代表W杯予選メンバー24人を発表 CLシティ戦ゴールの18歳超新星FWら4人が初選出

25日にW杯予選で敵地ルクセンブルク戦、28日に親善試合でスペイン戦

 フランスサッカー連盟(FFF)は25日のルクセンブルク戦、28日のスペイン戦に向けた代表24名を発表した。主将GKウーゴ・ロリス(トットナム)、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)ら主力が順当に選出されるなか、18歳の超新星FWキリアン・ムバッペ(モナコ)ら4選手が初招集された。

 フランスはロシア・ワールドカップ予選でグループAに所属。4節を終えて3勝1分の無敗でグループ首位を走り、25日には敵地でルクセンブルクと激突する。また、28日には国際親善試合でスペインと本拠地スタッド・ドゥ・フランスで対戦する。

 発表された最新のメンバーには常連組のほか、4選手が初招集となった。

 なかでも注目は1998年12月20日生まれの18歳、ムバッペだろう。フランスが初優勝した母国開催の98年W杯時にはまだ生まれていなかった新星は、昨年2月にモナコでプロデビューを果たしたばかり。今季リーグ戦21試合に出場して早くも10得点と二桁得点を達成している。今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティ戦ではホーム&アウェーの両試合でそれぞれ1ゴールを挙げ、チームの8強進出に大きく貢献した。すでにアーセナルなどビッグクラブが獲得を狙うと噂される規格外の才能だ。

 そのほか、DFベンジャミン・メンディ(モナコ)、MFコレンタン・トリッソ(リヨン)FWフロリアン・トヴァン(マルセイユ)も初招集となった。

 今季公式戦27得点と得点量産中のFWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)、FWアンソニー・マルシアル(アンチェスター・ユナイテッド)、FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)などは外れた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング