ユーベ所属の元ブラジル代表MFが河北華夏へ移籍 母国W杯出場の名手が2年契約、年俸12億円

昨季インテルからユーベ加入のMFエルナネス、昨年12月以降は1試合も出場できず

 ユベントスに所属していた元ブラジル代表MFエルナネスが中国の河北華夏へ移籍することが正式に発表された。

 ユベントスは正式に、エルナネスの移籍金が800万ユーロ(約9億6000万円)に200万ユーロ(約2億4000万円)の成果ボーナスが付帯しているものであることを公表。またこの移籍により、クラブは220万ユーロ(約2億6000万円)の経済効果を得るとしている。

 エルナネスは昨季にインテルからユベントスへ加入し、1年半所属した。しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が求めたトップ下でのプレーで信頼を得られず、チームはトップ下を置かないシステムへ移行。今季は開幕から出場を重ねたが、昨年12月以降は1試合も出場できずに10試合1ゴールにとどまっており、UEFAチャンピオンズリーグの登録メンバーからも外れるとアナウンスされていた。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、エルナネスが河北と結ぶのは2年契約で、年俸は1000万ユーロ(約12億円)の条件だとしている。2008年から14年にかけてブラジル代表で活躍し、地元開催の14年ブラジル・ワールドカップにも出場した名手は、中国でその実力を見せることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング