レスター元独代表DFが同僚の女々しさを一喝! 「去年は最高だったとか言ってる場合じゃない」

昨季リーグ王者のレスターは現在16位と低迷、降格圏の18位クラブと勝ち点2差

 レスター・シティの元ドイツ代表DFロベルト・フートは、昨季の奇跡のプレミアリーグ優勝から一転、2部降格危機に瀕しているチームの状況を受けて、同僚の女々しさを一喝している。英公共放送「BBC」が報じた。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 チームは現在16位と低迷し、降格圏の18位クリスタル・パレスとは勝ち点2差に迫り、危険水域に近づいている。「我々は今を生きる必要がある。去年は最高だったとか言っている場合じゃない。これが現実だ。残留争いをしているんだ」と、ドイツ代表で19試合2得点のストッパーは怒りを爆発させた。

 リーグ戦でのレスターは、昨年12月31日のウェストハム戦で1-0と勝利後、1ヶ月以上勝利から遠ざかっている。チェルシー在籍時代の2004年シーズンと05年シーズンにプレミアリーグ2連覇を果たしているフートは、チームメートに現実を直視するように通告している。

「我々は負け続けている。どうしてとか、誰かのせいにしている場合ではない。我々が昨シーズン(タイトルを)勝ち取ったことはふさわしい。ああいうことを成し遂げた翌年は苦しむものだ。しかし、こんなポジションになるとは思わなかった」

 レスターは優勝翌年の2部降格という悲劇を免れることができるのか。

「正直にならなければいけない。どうしようもない時にお前は最高だとは言えない」

 不屈のゲルマン魂を胸に秘めたフートの檄にチームは応えられるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング