危険タックルDF、三笘薫へ試合後に謝罪か 英メディア指摘「言語道断」「恥ずべきもの」

三笘薫が左足直撃のタックル被害に【写真:Getty Images】
三笘薫が左足直撃のタックル被害に【写真:Getty Images】

世界中で物議を醸したホルゲートのタックル

 イングランド1部ブライトンMF三笘薫は、2月18日に行われたプレミアリーグ第25節シェフィールド・ユナイテッド戦(5-0)で先発出場し、前半11分に相手選手から悪質なタックルを受けた。大事には至らずにプレーを続行したが、試合後には一発退場となったDFメイソン・ホルゲートが謝罪していたようだ。英公共放送「BBC」が報じた。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 三笘は前半11分、左サイドで得意のドリブル突破を仕掛けた。ここで相手DFメイソン・ホルゲートが、足裏を向けた激しいタックルで三笘を倒す。主審はホルゲートへイエローカードを提示したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。オンフィールドレビューで確認された結果、ホルゲートは一発退場となった。

 痛がる様子を見せていた三笘だったが、無事にプレーに復帰。後半30分にはクロスから相手のオウンゴールを誘発して、チームの5-0の快勝に貢献した。そのなかで、「BBC」はマンチェスター・シティなどでプレーしたDF ネダム・オヌオハのコメントを報道。「ポッド・キャスト」内で「私はメイソン・ホルゲートのことは知らないし、彼の意図や考えも分からない。なぜならあのチャレンジは私にとって恥ずべきものだったから」と話したうえで「試合後、三笘に謝罪したと聞いたが、やらなくてもいいことで退場になることはない。12分のプレーで誰かに突っ込むのは言語道断」と厳しく非難した。

 ホルゲートはチームに謝罪していたことは明らかになっていたが、三笘にも試合後に謝っていたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド