フッキは37歳でも超人 “別次元”の脚力に海外驚き「すさまじい」「なぜハルクと呼ばれているか」

アトレティコ・ミネイロのフッキ【写真:Getty Images】
アトレティコ・ミネイロのフッキ【写真:Getty Images】

アトレチコ・ミネイロの筋力測定に脚光

 かつて日本でも活躍した元ブラジル代表FWフッキは、類まれなるフィジカルの強さを武器にその名を世界に知らしめた。37歳と大ベテランの域に達しているが、肉体は衰え知らずのようだ。チームメイトとともに行った筋力トレーニングに様子が話題になっている。

 フッキは16歳で母国ECヴィトーリアとプロ契約を結ぶと、2005年に来日。日本では川崎フロンターレをはじめ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでプレーした。08年にFCポルト(ポルトガル)へ活躍の場を移し、ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)、上海上港(中国)を渡り歩き、21年1月に母国へ帰還。アトレチコ・ミネイロで活躍を続けている。

そんなフッキと言えば、驚異のシュート力を可能にする圧倒的なフィジカルを思い浮かべるファンも多いだろう。そして、健在ぶりを感じさせる様子が話題になっている。アルゼンチンメディア「D Sports Radio 103.1 FM」の公式X(旧ツイッター)が2月4日、1本の動画を公開した。

 収められていたのは、どこまでの負荷に脚が耐えられるかアトレチコ・ミネイロの選手がマシンで筋力測定をする様子。座った状態で行うこの測定で、ほとんどの選手は全身にありったけの力を込めてなんとか脚を水平の状態までもっていくのに対し、フッキ1人だけ早いピッチで脚をすいすい上げている。年齢的に大ベテランなのは間違いないが、それでもフィジカルの強さはチーム内で頭1つ抜けているようだ。

 この動画はSNS上で話題になり、「フッキはすさまじい」「別次元」「なぜハルクと呼ばれているか分かる」「フッキだけ違う」といった反応が寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング