日本代表GK鈴木彩艶、シント=トロイデンへの完全移籍発表 レンタル契約から移行

鈴木彩艶がシント=トロイデンに完全移籍【写真:Getty Images】
鈴木彩艶がシント=トロイデンに完全移籍【写真:Getty Images】

浦和がリリースで発表

 J1浦和レッズは2月1日、ベルギー1部シント=トロイデンへレンタル移籍中の日本代表GK鈴木彩艶が、同クラブへ完全移籍すると発表した。契約は2024年7月1日からとなる。

 21歳の鈴木は浦和の下部組織で育ち、2019年にクラブ史上最年少(16歳5か月11日)でプロ契約。21年にトップチームへ昇格を果たし、昨年8月にシント=トロイデンへレンタル移籍していた。

 パリ五輪世代の有望株として注目を集めるなか、日本代表のアジアカップメンバーに選ばれ、今大会ではここまで4試合でフル出場している。

■選手コメント

「このたび、シント=トロイデンVVへ完全移籍することになりました。浦和で培った経験を世界の舞台で発揮できるように、そして、浦和レッズアカデミーの選手たちの目標となれるようにこれからも努力を続けていきます。改めまして 11 年間ありがとうございました」

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド