遠藤航、完敗に厳しい表情「受け入れるしかない」 次戦へ必勝宣言「勝ち点3を取りにいく」

日本代表の遠藤航【写真:徳原隆元】
日本代表の遠藤航【写真:徳原隆元】

グループ第2戦でイラクと対戦、1点返すも2失点し敗れる

 日本代表は1月19日にアジアの代表チームナンバーワンを決めるアジアカップのグループステージ第2戦でイラク代表と対戦し、1-2で敗れた。まさかの完敗を喫したなか、MF遠藤航は「結果を受け入れるしかない」と厳しい表情で語った。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 日本は立ち上がり5分、右サイドを切り崩された流れからFWアイメン・フセインに先制点を許すと、前半アディショナルタイムにはカウンターからまたもフセインに得点を許した。

 後半も相手の守備を崩せない時間が続き、アディショナルタイムにコーナーキックから遠藤が1点を返すも1-2で敗れ、今大会初黒星を喫した。

 試合後、遠藤は「前半の入りが良くなく、相手の勢いもある中で1点取られた中で自分たちもチャンスを作ったけど、相手もラフに入れてきたり球際など厳しい戦いになった」と、この試合を振り返った。

 第3戦のインドネシア戦に向けて「結果を受け入れるしかないので次に向け切り替えたい。勝つしかないので、戦術などはあるけどディフェンスに立ち戻りながら戦いたい。チームとしてはしっかり勝ち点3を取りにいくだけ」と必勝を誓った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング