J内定者3人の注目校・静岡学園、明徳義塾を6-0で下し白星発進 31日に広島国際学院と2回戦へ【高校選手権】

静岡学園が明徳義塾に6-0で快勝【写真:徳原隆元】
静岡学園が明徳義塾に6-0で快勝【写真:徳原隆元】

大量得点で快勝

 第102回全国高校サッカー選手権は12月29日に首都圏8会場で1回戦の試合を行い、浦和駒場スタジアムでは静岡学園(静岡)が明徳義塾(高知)に6-0で快勝した。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 2大会ぶり14回目の出場となった静岡学園は、両校優勝1回を含む2回の優勝経験を持つ。主将のGK中村圭佑が東京ヴェルディ、MF高田優が徳島ヴォルティス、FW神田奏真が川崎フロンターレに内定と注目校の1つだ。一方の明徳義塾は3大会ぶり9回目の出場になった。

 立ち上がりから勢いよく敵陣に攻め込んだ静岡学園は前半3分、セットプレーの2次攻撃からMF志賀小政が中央にクロスを入れると、攻撃参加していたDF大村海心が押し込んで先制ゴールを奪った。さらに前半16分、スピード感のある攻撃で中央を割ると、右に出たラストパスに攻撃参加したDF野田裕人が反応してGKとの1対1を冷静に蹴り込んで2-0とリードを奪った。

 明徳義塾も中盤を省略して前線に入れたボールに対して押し上げる攻撃で何度か静岡学園のペナルティーエリア内まで入り込んだがゴールは奪えず、2点差のまま前半を終えた。

 静岡学園は後半10分、右から野田が上げたクロスに神田が頭で合わせて追加点。この日が18歳の誕生日のエースにうれしい大会初ゴールが生まれた。スタンドの応援団からも、ハッピーバースデーの歌が鳴り響いた。さらに13分、再び野田のクロスに神田がヘディングで合わせるリプレイのような形で4-0となった。

 その後も静岡学園がボールを持ち、明徳義塾はカウンターに活路を見出そうとする試合展開は変わらずに推移。静岡学園は後半30分にはコーナーキックから大村がヘディングシュートで追加点を奪い、ラストプレーで高田が直接フリーキックを決めて6-0で試合終了。28日の開幕戦を制した広島国際学院(広島)と31日の2回戦で対戦する。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング