日本の大学サッカーは「弱いリーグではない」 J助っ人代理人が言及「三笘のような選手もプレーした」

日本の大学サッカーに注目(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
日本の大学サッカーに注目(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

インドネシア代表MFアルハンの代理人ボグダノビッチ氏が見解

 東京ヴェルディに所属するインドネシア代表MFプラタマ・アルハンの代理人を務めるドゥサン・ボグダノビッチ氏は、日本代表MF三笘薫(ブライトン)の名前を挙げながら、日本の大学リーグのレベルについて見解を述べている。インドネシアのニュースサイト「トリビューンニュース」が伝えた。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 アルハンは2022年に母国インドネシアのPSISスマランから東京Vへ完全移籍。昨季、今季ともリーグ戦1試合の出場にとどまっている。

 代理人のボグダノビッチ氏によれば、出場機会を求めて別のクラブを探すように提言したが、アルハンは東京Vの環境面も踏まえてそれを断ったという。

「アルハンは東京Vでなんの困難も感じていない。アルハンは成長している」

 また、ボグダノビッチ氏は日本の大学リーグにも言及。「日本の大学リーグは、弱いリーグではない。三笘薫のような選手もプレーしたことがある。過小評価することはできない。しかし、インドネシア国民が知らないこともたくさんあるだろう」と、近年大学リーグを経て、Jリーグや海外へ羽ばたいていく選手が多い実情に触れていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング