甲府、ACLブリーラム戦は3-2で勝利 グループステージ突破は他会場の結果次第

甲府ウタカが2ゴール【写真:Getty Images】
甲府ウタカが2ゴール【写真:Getty Images】

ACL初挑戦の甲府、GL突破の可能性は…

 ヴァンフォーレ甲府は12月12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終戦で敵地でのブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦に臨み、3-2で勝利を収めた。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 今大会は東西地区それぞれ4チームずつ5グループに分かれてホーム&アウェーのリーグ戦を実施。首位の5チームと2位のうち上位3チームが16強へ進出する。昨年の天皇杯をJ2所属ながら制して出場の甲府は5試合を終えて勝ち点8の得失点差プラス2で、メルボルン・シティ(オーストラリア)と並んで迎えた。得失点差もプラス2で並び、総得点でわずかに甲府が1点リードしての首位で迎えるキックオフとなり、対戦相手のブリーラムも勝ち点6ながら勝利すれば逆転突破の可能性を残す、他会場の動向も含め非常に複雑なキックオフになった。

 そうしたアウェーゲームで積極的なプレーを見せ、際どいオフサイド判定だったもののFWピーター・ウタカが背後に抜け出すなどチャンスを作っていた甲府は前半24分、相手が最終ラインから前方につないでいこうという場面でMF長谷川元希がプレスをかけると、相手のパスを前方に弾いた。長谷川はそのルーズボールをそのままペナルティーエリア内まで持ち込んで、GKとの1対1で冷静に右足シュート。これがゴールに吸い込まれ、甲府が貴重な先制点を奪った。

 さらに甲府は前半38分、左サイドからのクロスにウタカがコントロールを試みると、相手に当たったボールが目の前にこぼれるビッグチャンスを左足で蹴り込んだ。さらに前半43分、長谷川の右コーナーキックからの流れでファーサイドに流れてきたボールを、フリーのウタカが難なく蹴り込んだ。甲府のエースストライカーの2ゴールで、前半を3-0と大きなリードで終えた。

 後半の立ち上がり3分、甲府は最終ライン背後へのシンプルなボールから相手FWアーティット・ブージンダーに力強く持ち込まれると、カバーリングに入った選手も競りかけたもののGKと距離を詰めてからのシュートを決められてしまう。さらにペナルティーエリア内まで切り込まれたところで、シュートブロックに入ったDF井上詩音のプレーがハンドでPKの判定。これをMFゴラン・チャウシッチに蹴り込まれて3-2と1点差になってしまった。

 苦しい展開になった甲府だが後半27分、交代出場のFW三平和司が背後に抜け出すと、相手DFに寄せられながらもペナルティーエリア内まで侵入してシュート。しかし、相手GKのファインセーブで阻まれてしまった。このまま3-2で勝利した甲府は、突破の行方をメルボルンと浙江FC(中国)の試合結果に委ねることになった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング