中国の上海申花、テベスの加入を正式発表! サッカー界最高額の週給8900万円、年俸換算46億円

15年夏からボカ・ジュニアーズに復帰したテベス 母国で1年半プレーして中国へ

 中国スーパーリーグの上海申花が、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得したことをクラブ公式ツイッターで正式に発表した。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によれば、テベスは上海申花からフットボール界最高額の週給61万5000ポンド(約8900万円)、年俸換算で約46億円というオファーを受けているとされていた。合意に至った契約の詳細は明かされていないが、高額年俸でのオファーだったことは確実視される。

 テベスは2シーズンに渡ってイタリア王者ユベントスの絶対的なエースとして活躍した後、2015年の夏から母国アルゼンチンのボカ・ジュニアーズに復帰していた。そこで1年半でのプレーを終え、中国に渡ることが決まった。

 中盤にはインテルでプレーしたコロンビア代表MFフレディ・グアリンが所属する上海申花で、32歳になったテベスは爆発的な得点力を披露することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング