無冠G大阪に吹き荒れる変革の嵐 大森に続き岩下、西野ら14年三冠メンバーの流出続く

岩下は福岡へ完全移籍、西野は千葉に期限付き移籍

 ガンバ大阪は28日、DF岩下敬輔をアビスパ福岡に完全移籍、DF西野貴治をジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍、MF内田達也を東京ヴェルディに期限付き移籍で放出する一方、J2千葉からMF井出遥也を完全移籍で、今季はJ3グルージャ盛岡でプレーしたFW郡大夢を期限付き移籍で獲得した。

 2012年に清水からG大阪に移籍した岩下は、長谷川健太体制2年目の2014年にJ1復帰後即リーグ、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、天皇杯の国内三冠に貢献。偉業を達成したチームでレギュラーのセンターバックとしてプレーした。

 岩下は公式サイトで「アビスパ福岡に移籍することになりました。4年半という短い期間でしたが、J2降格に始まりJ2優勝、ナビスコ、リーグ戦、天皇杯と三冠していろんな経験をさせてもらいました! ACLが獲れてないのに移籍することだけ心残りです」とのコメントを寄せつつ、今後についての意欲も語っている。

「今の僕がいるのはガンバ大阪と清水エスパルスの経験があっての事です。これからはアビスパの選手として、吹田スタジアムに戻ってきて思いっきりブーイングをしてもらって、エンブレムを思いっきり叩きたいと思います」

 

page1 page2

トレンド

ランキング