ペップが嘆く日程面での格差 欧州カップ戦がなく好調なチェルシーとリバプールは「昨季レスターと同じ」

首位チェルシーと勝ち点7差のマンC 「我々は7試合も多く戦っている」

 プレミアリーグは現在リーグ記録にあと「2」と迫る12連勝を記録しているチェルシーが首位に立ち、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが暫定3位につけるなど、今季の欧州カップ戦を戦っていない2チームが好調を維持している。マンチェスター・シティのペップことジョゼップ・グアルディオラ監督は、「昨年のレスターも同じことが起きた」と欧州カップ戦のないクラブが日程的に有利に戦えると語った。英公共放送「BBC」が報じている。

「我々は(チェルシーよりも)7試合も多く戦っている。これでは厳しくなる訳だ」

 シティを率いるペップはここまでの戦いを振り返り、このようなコメントを残しているという。シティはチェルシーに勝ち点7差をつけられている。暫定2位につけているとはいえ、現地時間27日に試合を控えるリバプールが勝利すれば3位に転落する。スペイン人指揮官にしてみれば、欧州カップ戦に参加しておらず、負担の少ない両クラブの好調は当然といった感覚のようだ。

 

page1 page2

トレンド

ランキング