武漢は「不当な扱いを受けた」 ACL浦和戦のPK献上判定に中国不満「誤審」「物議を醸した」

中国大手メディアがPK判定に言及【写真:2023 Asian Football Confederation (AFC)】
中国大手メディアがPK判定に言及【写真:2023 Asian Football Confederation (AFC)】

武漢は浦和に1-2で敗戦

 武漢三鎮(中国)はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第5戦で浦和レッズと対戦し、終盤に決勝ゴールを許して1-2で競り負けた。中国メディアは先制点を与えるきっかけとなったPKジャッジに関して「誤審」だと主張して物議を醸している。

 判定に不満を露わにしているのは前半34分のシーンだ。右サイドでボールをキープしたDF荻原拓也が切り返して左足クロスを入れると、ゴール前で競り合った武漢DFドン・ハンウェンの右肘がFWブライアン・リンセンの首元付近に入る形となって転倒。マジェド・モハンメド・アルシャムラニ主審はファウルと見なし、PKを宣告した。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)介入も判定は覆らず、DFアレクサンダー・ショルツが蹴り込んで浦和が先制した。

 映像を見る限り、競り合い場面でドン・ハンウェンの右肘がリンセンにヒットしているのは明らかだが、中国大手メディア「SOHU」は「武漢は不当な扱いを受けた。ACL浦和戦での誤審」と指摘。「多くの物議を醸したPK戦」と不満をにじませていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング