「流石に酷い」 浦和FWが昏倒の衝撃…中国MFの“顔面ラフプレー”に驚き「まじで救急車レベル」

強い衝撃を受け交代となった浦和の髙橋利樹【写真:2023 Asian Football Confederation (AFC)】
強い衝撃を受け交代となった浦和の髙橋利樹【写真:2023 Asian Football Confederation (AFC)】

FW髙橋利樹が相手選手のラフプレーを受け昏倒する衝撃アクシデント発生

 浦和レッズは11月29日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第5戦で武漢三鎮(中国)と対戦。後半終了間際に、現役生活での埼玉スタジアムラストゲームになったFWホセ・カンテの決勝ゴールで2-1と勝利したなか、FW髙橋利樹が相手選手のラフプレーを受け昏倒する衝撃のワンシーンにSNS上では驚きの声が広がっている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 浦和はFWブライアン・リンセンが獲得したPKをDFアレクサンダー・ショルツが決め、前半37分に先制。その後、追加点を決められずにいたなかで後半23分に同点弾を献上も、現役引退を発表したカンテが同45分、左足で鮮やかなボレーシュートを突き刺し土壇場で勝利を掴んだ。

 劇的勝利でACLグループ突破へ希望をつないだなかで、この試合では衝撃のアクシデントが発生。前半44分、中盤のルーズボールでバウンドしたボールをヘディングしようとした髙橋に対し、すれ違いざまに相手MFフー・チャオが右腕を髙橋の顔面にヒットさせた。

 地面に倒れ込んだ髙橋は全く動かず、浦和の選手だけでなく相手選手からも担架を呼ぶアクションが見られるなど、スタジアムは一時騒然。髙橋は脳震とうの疑いでMF大久保智明との交代になり、その後、救急車で搬送されたものの、意識はあるとされた。

 SNS上では該当シーンの動画が拡散され、顔面に相手の腕がヒットする衝撃のラフプレーに驚きの声が続々。「流石に酷い」「まじで救急車レベル」などの反応が見られたほか、イエローカードの提示にとどまった判定に対し「これはレッド」「100%レッドカード」と疑問視する声まで寄せられていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング