J2磐田、FW後藤啓介のアンデルレヒト期限付き移籍を発表 「必ず成功できるように頑張ってきます」

磐田の後藤啓介【写真:徳原隆元】
磐田の後藤啓介【写真:徳原隆元】

クラブリリースで発表

 J2ジュビロ磐田は11月28日、FW後藤啓介がベルギー1部アンデルレヒトへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍の期間は、2024 年1 月1 日から1 年間となっている。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 2005年生まれで現役高校生の後藤は、2022年7月20日に行われた東京ヴェルディとの天皇杯4回戦でトップチームデビュー。トップ昇格を果たした今季は、公式戦39試合で7ゴールを挙げていた。

 そんな若き才能に海外も注目。今年に入りイングランドをはじめ、イタリアやスペインの名門クラブからの関心が報じられるなか、このほどアンデルレヒトへの期限付き移籍が決まった。

 期限付き移籍決定を受けての後藤のコメントは以下のとおり。

「1 年間熱い応援ありがとうございました。サポーターの皆さんの声が昇格に繋がりました。すごく充実した、感動的な1 年間を過ごすことができました! スクールから数えたら9 年間お世話になったクラブを離れるのは寂しいですが、自分が決めた道なので必ず成功できるように頑張ってきます。そして、強い覚悟を持って戦い、プレーし、ファン・サポーターの皆さんにたくさん良い報告ができるように向こうでも頑張ります。ジュビロ磐田でプロキャリアをスタートできて本当に嬉しかったですし、誇りに思います。これからも応援よろしくお願いします!」

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング