J1昇格PO準決勝、東京Vが千葉に前半2-0リード! 城福監督が渾身のガッツポーズ

東京Vが2点リード【写真:Getty Images】
東京Vが2点リード【写真:Getty Images】

中原輝、森田晃樹がゴール

 J1参入プレーオフは11月26日に3位東京ヴェルディと6位ジェフユナイテッド千葉が準決勝で対戦し、東京Vが2点をリードして前半を終えた。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 東京Vは最終節まで自動昇格2位以内の可能性を残しながら3位フィニッシュ。城福浩監督の指揮下でリーグ最少失点の成績を残してきた。一方の千葉は粘り強く戦って6位でプレーオフ圏内に入った。1993年のJリーグ創設時の「オリジナル10」同士、両クラブの前身を見ても読売クラブと古河電工という日本サッカーの名門同士が激突した。90分を終えて同点だった場合は、リーグ上位の東京Vが次のラウンドへ進出する。

 試合は立ち上がりの前半3分、千葉が左サイド低い位置からのフリーキックをゴール前に入れると、走り込んでいった選手が触れたかどうかのボールがそのままゴール内へ。しかし、これはオフサイドの判定となり得点は認められなかった。千葉は勝利が必要な勢いに乗った試合を展開し、前半18分には右サイドで背後を取ったMF田中和樹が中央に入れたラストパスをゴール正面でFW呉屋大翔がフリーで合わせる決定機を作ったが、東京VのGKマテウスが素晴らしい反応でセーブした。

 千葉が攻撃回数の多い展開で進めていたなかの前半34分、東京Vは左サイドからのパスワークで中央突破を試みると、相手に引っかかりながらもペナルティーエリア内に入りMF中原輝が左足シュート。これが相手の間を抜けていきゴール右へ吸い込まれて貴重な先制点に。さらに前半44分、左サイドからクロスが入ると中央でマークを外して入ってきたMF森田晃樹がヘディングシュートで追加点。引き分けでも突破の東京Vが大きな2点リードを奪って前半を終えた。後半の千葉は、少なくとも3ゴールが必要な後がない状況になった。

 先制ゴールが決まった際には、両手を広げて選手たちに冷静になるように伝えていた城福浩監督だが、このゴールが決まった直後には、両手を握りしめて静かにも力強いガッツポーズを見せた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング