王者・鹿島の17年ユニフォームをナイキが発表! ホームはバルサ風、セカンドは斬新なピンク色に

来シーズンの新ユニフォームには地元の鹿島灘を表現したダークネイビーを使用

 FIFAクラブワールドカップで日本勢初の決勝進出を果たした2016年Jリーグチャンピオン、鹿島アントラーズが2017シーズンに身にまとうユニフォームを、サプライヤーのナイキが発表した。ホームにはダークネイビーがあしらわれた“バルサ風”、セカンドは斬新なピンク色になっている。

 鹿島のチームカラーと言えば深い色合いの赤だが、来シーズンの新ユニフォームには地元の鹿島灘を表現したダークネイビーを使用。深い赤との横縞模様となっていて、そのカラーリングはリーガ・エスパニョーラ屈指の強豪バルセロナを想起させるカラーリングとなった。

 
2

 伝統のカラーリングを踏襲しつつもエッセンスを加えたホームとは一転して、セカンドユニフォームは斬新なカラーリングとなっている。シャツ、パンツともに鮮やかな色彩の「ハイパーピンク」を使用。緑色のピッチと対照的な色彩に仕上がっている。

 今シーズンのJリーグ優秀選手賞を獲得し、クラブW杯でも勇敢なディフェンスを見せ続けた日本代表DF昌子源、同優秀選手賞のDF西大伍らが、大胆な色遣いの戦闘服を身にまとうことになる。チームは24日の天皇杯準々決勝サンフレッチェ広島戦に勝利して勝負強さを見せているが、来季も新ユニフォームで国内やアジア・チャンピオンズリーグの舞台で“常勝軍団”ぶりを見せつけるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

NIKE●写真 photo by NIKE

 

トレンド

ランキング