日本代表のシリア戦ゴールに「オフサイド」指摘 3D解析映像を海外メディアが公開

伊東純也のポジショニングがオフサイド?【写真:Getty Images】
伊東純也のポジショニングがオフサイド?【写真:Getty Images】

日本がシリアに5-0完勝、海外メディアが日本のゴールシーンを分析

 日本代表は現地時間11月21日、2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦でシリア代表と対戦し、5-0の快勝を収めた。この試合でMF伊東純也が4ゴールを演出したなか、カタールテレビ局「Al Kass TV」は「3D技術を活用すると、日本のゴールはオフサイド」と分析映像を公開した。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 11月16日のミャンマー戦(5-0)で出番なしに終わった伊東は、シリア戦でスタメン出場。前半32分に右サイドの高い位置でボールを受けると、サポートに寄ってきたMF久保建英にパスし、久保が豪快なミドルシュートを打ち込んで日本が先制した。前半37分と40分には伊東のアシストからFW上田綺世が追加点。後半にはDF菅原由勢がフリーキックを叩き込むと、同37分には再び伊東のラストパスから途中出場のFW細谷真大が5点目を決めて勝負は決した。

 海外メディアが注目しているのは日本の3点目、前半40分のシーンだ。右サイドで菅原が縦パスを入れると、久保→伊東→菅原→久保とテンポの良いショートパスで局面を打開。久保が相手ペナルティーエリア内に進入し、フリーでゴール前に走り込んだ伊東にパスを送り、伊東が絶妙なラストパスを中央へ通して上田が流し込んだ。

「Al Kass TV」は公式SNSで「3D技術を活用すると、日本のシリア戦3ゴール目はオフサイド」と指摘し、3D技術で解析した映像も公開。試合では上田のゴールが認められたものの、海外メディアは独自に分析するなど議論の的となっているようだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング