韓国と日本は「宿命のライバル」 連勝中同士の軌跡に韓国注目「アジア最強の座に就くためには日本を退けなければ」

森保ジャパンが8連勝、韓国代表も5連勝中【写真:徳原隆元 & ロイター】
森保ジャパンが8連勝、韓国代表も5連勝中【写真:徳原隆元 & ロイター】

日本は8連勝、韓国は5連勝中

 森保一監督率いる日本代表は、11月21日にサウジアラビア・ジッダで行われた北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦でシリア代表と対戦し、5-0で快勝した。国際Aマッチ8連勝は、日本代表の歴史において最長タイ。韓国メディア「WIKITREE」は、「勢いに乗る韓国サッカー、永遠のライバル日本の“最近の成績”に驚く」と取り上げている。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 日本は前半32分にMF久保建英が豪快な左足ミドルで先制すると、前半のうちにFW上田綺世が2ゴールで追加点。さらに、後半にもDF菅原由勢の直接フリーキック弾、最後は途中出場のFW細谷真大がA代表初ゴールで締めくくり、5-0で快勝した。

 日本は6月のエルサルバドル戦(6-0)戦から破竹の8連勝。これは27年ぶりの記録で、1970年8月8日~70年12月17日、93年3月14日~1993年5月5日、96年5月26日~96年12月12日と並ぶ最長タイとなった。

 一方、韓国も国際Aマッチで5連勝。サウジアラビア、チュニジア、ベトナム、シンガポール、中国相手に計19ゴール、そして無失点と調子を上げている。

 韓国メディア「WIKITREE」は「宿命のライバル韓国と日本」と切り出し、「韓国はワールドクラスと呼ばれる主将のソン・フンミンを筆頭に、イ・ガンイン、ファン・ヒチャン、キム・ミンジェ、チョ・ギュソンなどスタープレーヤーが並ぶ黄金期を迎えている。では、韓国の永遠のライバルであり、アジアの強豪と呼ばれる隣国の日本の状況はどうだろうか」と取り上げている。

「日本は国際Aマッチでなんと8連勝を記録。FIFAランキングは18位だ。韓国は日本より6ランク低い24位。韓国が黄金期を迎えたのは事実だが、日本の現在のラインナップも本当に侮れない。日本の場合、直近で招集された代表メンバー26人のうち21人が海外組だった。韓国は来年1月にカタールで開催されるアジアカップで優勝を目指している。日本もやはり目標は韓国と同じだ。韓国がアジアサッカー最強の座に就くためには、日本という宿敵を退けなければならない。韓国と同様に、日本も恐ろしいほどの歴代最高の力を見せている。クリンスマン号は警戒心を持って大会の準備を着実に進めていかなければならない」

 韓国は来年1月に開催されるアジアカップ制覇に向けて、日本を警戒していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド