J2仙台、堀孝史監督の今シーズン限りでの退任決定を発表 「責任を感じております」

仙台が堀孝史監督の退任を発表(写真は東京V在籍時)【写真:Getty Images】
仙台が堀孝史監督の退任を発表(写真は東京V在籍時)【写真:Getty Images】

リーグ戦は16位でフィニッシュ

 J2ベガルタ仙台は11月13日、堀孝史監督の今シーズン限りでの退任決定を発表した。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 過去に浦和レッズ、東京ヴェルディを率いてきた堀監督は2023年1月から仙台のコーチを務め、今年7月より同クラブ指揮官に就任。伊藤彰前監督の退任に伴い就任した今季、最終節を終えてJ2リーグ16位でフィニッシュとなっている。

 堀監督のコメントは以下のとおり。

「シーズン途中より監督として指揮を執る機会をいただき、心から感謝しております。全力を尽くしましたが思うような結果が伴わず、責任を感じております。このクラブにはすばらしい選手がいるので、来シーズンのJ1昇格を願っております。そして、どんな時も温かい後押しと応援をしてくださるファン、サポーターや、スポンサー、自治体などのステークホルダーのみなさま、ボランティアスタッフおよびクラブ関係者のみなさまには、感謝の気持ちでいっぱいです。ベガルタ仙台を離れることにはなりますが、今後のクラブの発展と選手たちの活躍を祈念いたします。1年間本当にありがとうございました」

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング