三笘薫が「華麗に輝いていた」 止められない“切り裂くドリブル”に反響拡大「ジャパニーズジャックナイフ!」

フルハム戦に先発出場した三笘薫【写真:ロイター】
フルハム戦に先発出場した三笘薫【写真:ロイター】

フルハム戦で先発フル出場

 イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、10月29日に行われたプレミアリーグ10節フルハム戦(1-1)で先発フル出場。前半から積極的に仕掛けるシーンがあり、前線で脅威となったドリブルに「華麗に輝いていた」「ジャパニーズジャックナイフ!」といった声がファンから届いている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 ホームで行われたフルハム戦で、ブライトンはスタートから本来の4バックではなく3バックで試合に臨む。すると三笘は前半13分、早速左サイドで縦へ仕掛ける。一旦止まって相手と正対し、切り返しから一気に加速してフルハムのベルギー代表DFティモシー・カスターニュを置き去りに。エンドラインでは2度目の切り返しで相手を振り切り中へクロス。ただこれは惜しくもゴールにはつながらなかった。

 試合は前半26分、ブライトンがFWエバン・ファーガソンのゴールで先制。優位な展開のまま前半を折り返したが、後半20分にブライトンが自陣でボールを失うと、フルハムFWジョアン・パリーニャがネットを揺らし同点に追い付かれてしまった。

 勝ち越しを狙うブライトンは、終盤に三笘も見せ場を作る。後半42分、MFファクンド・ブオナノッテの大きな展開から左サイドの三笘へ。ピタリと足元に収めると、細かい切り返しのタッチで相手を翻弄。最後のクロスは大きなゴールチャンスにはつながらなかったが、キレの良さを終盤まで維持し、フルハム守備陣の脅威となっていた。

 動画配信サービス「ABEMA」の公式X(旧ツイッター)は、前半序盤のドリブル突破のシーンと終盤の仕掛けの場面をピックアップ。それぞれ「三笘の十八番ドリブル突破 左サイドでボールを受けた #三笘薫 一気にスピードをあげ、止めて、再びすぐにスピードをあげて切り裂く!」「三笘の切り返しは止められない 終盤でも三笘は 果敢にドリブルを仕掛ける! 右足の鋭い切り返しから クロスでチャンスメイク!」と記し脚光を当てている。

 ファンからも「ジャパニーズジャックナイフ!」「めちゃくちゃかっこよかった」「華麗に輝いていた」「現代のライアン・ギグス!」といった声があがり、反響が広がっていた。ここ4試合ゴールから遠ざかっている三笘。次戦は得点という形でチームに貢献することができるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング