Jリーグ53全クラブ観客数増減トップ3&ワースト3を発表 G大阪の新スタ効果は絶大、FC東京は集客に苦戦

J2からの昇格組が大幅に増加、サッカー専用の新スタジアム効果は絶大

 Jリーグ全53クラブを対象に、2015年と2016年の1試合平均観客動員数(ホーム戦)から増減幅をチェックし、今回は増加幅の大きかったトップ3と減少幅の大きかったワースト3を発表する。2位と3位はJ2からの昇格組である福岡と磐田。3位の福岡は4165人増、2位の磐田は4570人増と両クラブとも大幅なプラスとなった。

 福岡は就任1年目にチームを昇格へと導いた井原正巳監督の下、「90分間走り続け、アグレッシブに仕掛ける」スタイルを掲げ、スポンサー企業1500社・平均入場者数1万5000人を目標にJ1の舞台に挑んだ。11月に1500社に到達した一方、入場者数は1万2857人にとどまったが、昨季から大幅に増やすことには成功した。

 名波浩監督率いる磐田は3年ぶりにJ1の舞台へと舞い戻り、元イングランド代表のジェイをはじめ、5月に日本代表に初選出された小林祐希らを擁して注目を集めた。ヤマハスタジアムの収容人数は1万5165人で、平均観客動員数は1万4611人とほぼ満員に近い状態。J1昇格により、サッカー熱に再び火が付いた形だろう。

 最も増えたのは、総工費約140億円を費やした市立吹田サッカースタジアムを今季から本拠地にするG大阪。サッカー専用の新スタジアム効果は絶大で、一目見ようとアウェーチーム側からも多くの観客が足を運んだようだ。収容人数も昨季まで使用した万博記念競技場の2万1000人から3万9684人に増加した関係もあり、2位以下を大きく引き放した。

3位=【福岡】+4165人

15年:8692人(21試合/J2)→16年:12857人(17試合/J1)

2位=【磐田】+4570人

15年:10041人(21試合/J2)→16年:14611人(17試合/J1)

1位=【G大阪】+9343人

15年:15999人(17試合/J1)→16年:25342人(17試合/J1)

■【関連】:Jリーグ全53クラブ「15年→16年観客動員数・増減ランキング」一覧

 

page1 page2

トレンド

ランキング