アトレチコ痛恨… 守護神オブラクが左肩手術で最低3カ月の戦線離脱へ

12日のビジャレアル戦で負傷 今季7試合で無失点の正GKを失う

 スペインの強豪アトレチコ・マドリードに手痛い負傷者が発生した。クラブは13日、スロベニア代表GKヤン・オブラクが左肩の手術のために戦線離脱すると発表した。

 オブラクは12日のビジャレアル戦の前半に、相手FWジョナタン・ドス・サントスの決定機を阻もうとした際に負傷。精密検査の結果、「バンカート病変(脱臼による関節唇損傷)」と判明し、数日中に手術を受けることとなった。

 オブラクは今季リーグ戦で15試合に先発出場し、7試合で無失点を記録していた。しかし、スペイン紙「マルカ」などの現地メディアでは、手術により最低でも3カ月の離脱を強いられると予想されている。

 アトレチコはこのビジャレアル戦を0-3で敗れたことにより、首位レアル・マドリードから勝ち点12差の6位に転落。昨季UEFAチャンピオンズリーグ決勝進出の立役者にもなった正GKの離脱は、首位戦線への生き残りが危うくなっているチームにとって、大きな打撃となってしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング