家長昭博、熟練のパワフルドリブルに“元同僚”本田が反応 「これアキ中1からやってたよ!」

川崎でプレーする家長昭博【写真:徳原隆元】
川崎でプレーする家長昭博【写真:徳原隆元】

横浜FM戦で対峙したDF永戸勝也を翻弄

「ビッグ神奈川ダービー」と銘打たれた7月15日のJ1リーグ第21節横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦で、川崎MF家長昭博が外国籍選手のように力強いフィジカルを駆使したドリブル突破を披露。元日本代表MF本田圭佑は「これアキ中1からやってたよ!」とツイートしている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 MF西村拓真が負傷の横浜FMは川崎戦、トップ下にMFマルコス・ジュニオールが入り、FWアンデルソン・ロペス、FWエウベル、FWヤン・マテウスと、強烈な個の力を持つブラジル人カルテットが、川崎のゴールに何度も迫った。

 そうしたなかで迎えた後半12分、外国人助っ人選手に劣らない個の力を見せたのが、川崎の誇るレフティー家長だった。

 後半12分、DF高井幸大から右サイドでボールを受けた家長は、ボールを奪いに来たDF永戸勝也を軽くかわし、深い位置に侵入する。戻ってきた永戸と再び対峙すると、ボールをさらして再び永戸を食い付かせる。永戸を背負った家長は、力強いフィジカルを生かして相手とボールの間に身体を入れてキープ。そこから左足でボールを引きながら力強く反転して、右足でボールを進めて永戸を振り切った。

 右サイドからカットインした家長は、フリーの味方を見つけ出すとラストパス。これを受けたMF瀬古樹のシュートは枠を外れてゴールは決まらなかったものの、家長が見せた個の力に、バックスタンドを水色に染めた川崎ファンは大声援を上げていた。

 Jリーグ公式ツイッターが「圧倒的なパワーと技術で相手DFを翻弄! 家長昭博選手が随所で上手さを見せる」と取り上げると、ガンバ大阪ジュニアユースで同僚だった本田が「これアキ中1からやってたよ!」とリプライ。ファンも「マジすか?」「これをやる中一ヤバすぎるだろ」「本田さんが言うと説得力ある」「歴史的証人」などと反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド