日本&韓国、ペルー相手の“明暗”に韓国識者が持論 「本当にベストの11人が揃った状態なら遅れを取る理由はない」

韓国代表は6月の2連戦で1分1敗の結果に【写真:Getty Images】
韓国代表は6月の2連戦で1分1敗の結果に【写真:Getty Images】

韓国の解説委員であるハン・ジュンヒ氏が見解

 森保一監督率いる日本代表は6月シリーズで2連勝、10得点1失点という結果だったなか、韓国代表は1分1敗に終わった。それでも韓国の有名解説委員は、ベストメンバーなら「日本に後れを取る理由は全くない」と持論を述べている。韓国メディア「nate」が伝えた。

 6月15日に行われたキリンチャレンジカップのエルサルバドル代表戦で6-0と大勝した森保ジャパンは、続く20日のペルー代表戦でも4-1と快勝。6月シリーズでは計10得点と攻撃陣が好成績を残した。

 一方の韓国は、ペルーに0-1、エルサルバドルに1-1と未勝利に終わった。DFキム・ミンジェが不在、FWソン・フンミンは20日のエルサルバドル戦で後半24分から途中出場したのみと、本来の戦力が整わなかった影響も少なくないだろう。

 そのなかで、韓国の解説委員であるハン・ジュンヒ氏は、ペルー相手に日本と韓国の結果が明暗分かれたことに触れつつ、フルメンバーなら韓国も負けないとの持論を展開した。

「韓国代表が内容的に苦戦したペルーを相手に、日本は大量得点で勝った。ただ、これは私が前から言ってきたことだが、ソン・フンミン、キム・ミンジェ、イ・ガンイン、ファン・ヒチャンら本当にベストの11人が揃った状態で日本のベストの11人と戦ったなら、我々(韓国代表)が後れを取る理由は全くないと思う」

 2024年のアジアカップに向けて、両国はチーム力アップを目指して陣容を模索していくことになる。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド