悪いニュースを吹き飛ばす開幕の空気 中国リーグ、バブルフェーズからの再起の可能性

新スタジアムではキスカメラなどエンタメ要素も数多く実施されている【写真:久保田嶺】
新スタジアムではキスカメラなどエンタメ要素も数多く実施されている【写真:久保田嶺】

【中国サッカー考察コラム#14】上海申花vs山東泰山のチケットは開始5分で完売

 日本のサッカーファンのみなさま、こんにちは。中国サッカーメディアにて活動をしています久保田嶺です。いよいよ中国サッカーも2023年シーズンのリーグ戦が開幕しました。4年ぶりのホーム&アウェー方式、つまり通常のリーグ戦開催となります。ようやく日常が帰ってきたという中国サポーターの熱気、期待をひしひしと感じています。私もさっそく4月16日のリーグ開幕戦、上海申花vs山東泰山の試合をスタジアムへ見に行きましたので、現地の熱狂をお伝えいたします。

   ◇   ◇   ◇

「もう完売!? まだ5分も経っていないぞ」

 4月16日に行われた開幕戦の4日前、4月12日18時に上海申花vs山東泰山のチケット販売が開始されました。私も19時頃に販売サイトを確認しましたが、すでに売り切れ、あまりの即完ぶりにインターネット上でも「誰が買えるんだ」「5分で売り切れたぞ」など、驚きとどこか嬉しそうなサポーターの声があふれていました。しかし、この即完売には少しからくりがあり、上海のサッカーアカデミー「TWL football club」で働き、自身も上海申花を20年応援する周さんがこう教えてくれました。

「これには理由があります。1つは本当に皆が待ちわびていたということ。これは間違いないです。もう1つは、今シーズンから上海申花のホームスタジアムとして使用される上海体育場はサッカー専用スタジアムに改修され、8万人を収容できる新巨大スタジアムとなりました。従来のトラック部分に観客席を作り、天井屋根には煌びやかなLED照明を設置して素晴らしい空間になっています。しかし、現在スタジアム近隣の建物も改修工事を行なっており、安全のため人流が制限されています。従って今回のチケットも半分以下しか販売されていません。しかし、嬉しいですね。数万のチケットが完売というのは間違いありませんので。当日が楽しみです」

熱狂的で知られる上海申花のサポーター【写真:久保田嶺】
熱狂的で知られる上海申花のサポーター【写真:久保田嶺】

上海申花が1-0で山東泰山に勝利

 試合は1-0でホームの上海申花が勝利、来場客数は2万4000人でした。終始アウェーチームの山東泰山が元ベルギー代表MFマルアン・フェライニを中心に試合をコントロールしましたが、上海申花が前半に挙げた1点を守り切り開幕戦、そして新スタジアムのこけら落としを見事に飾りました。上海申花を20年応援する周さんはこのように語っています。

「同じく新スタジアムのこけら落とし、およびリーグ開幕セレモニーをした北京国安の初戦が4万6000人でしたので、制限がなければ今日は本当に8万人入っていたかもしれません。しかし、それよりもまず4年ぶりにホームスタジアムでたくさんのサポーターとともに応援できたことが嬉しいです。サッカー協会の不祥事やチーム解散など暗いニュースが多かったですが、やはり通常のリーグ戦が始まると中国サッカーの空気が変わる気がします。また本来なら中国で開催される予定だったアジアカップのため、各地で新しいサッカー専用スタジアムが建設されたのもポジティブな要素だと思います」

 私も開幕戦をスタジアムで実際に観戦しましたが、試合内容うんぬんよりもこのお祭りを楽しもう、新しいスタートを祝福しようというサポーターの高揚を感じました。2010年代はサッカーバブルの元、ここ上海申花でも元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバや元フランス代表FWニコラ・アネルカがプレーして歴史を作ってきました。

 そのバブルフェーズが終わりを告げ、まさにゼロからの再スタートとなっている中国サッカーですが、今回の全国各地での開幕戦の盛り上がりを通じ、サッカーは中国の国民的スポーツだということを私自身改めて感じました。これからどのように中国サッカーが前に進んでいくのか、引き続き注目していきたいと思います。

(久保田嶺 / Rei Kubota)



page 1/1

久保田嶺

1991年生まれ、埼玉県出身。「Rouse Shanghai Co.,Ltd.」代表。日中スポーツに関する広告や選手/指導者のマネージメントを手掛ける。自身の中国SNSフォロワー数も40万人と中国サッカー界で一番有名な日本人として知られ、日本へ中国サッカー情報を発信する。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング