【W杯】「メッシを罵倒」 交換ユニへの所作に不快感、世界的ボクサーが“怒り心頭”「メキシコを軽視した」

メッシのロッカールームでの行動に注目【写真:徳原隆元(FOOTBALL ZONE特派)】
メッシのロッカールームでの行動に注目【写真:徳原隆元(FOOTBALL ZONE特派)】

W杯メキシコ戦後のロッカールームで歓喜に浸るシーンに思わぬ指摘

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ボクシング界のスターから思わぬ“脅迫”に晒された。カタール・ワールドカップ(W杯)で初勝利後、ロッカールームで歓喜に浸る瞬間の映像が公開されたなか、カネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレスがユニフォームを踏みつけたと主張。海外メディアは「自国を軽んじているとして脅迫した」と伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 メッシは、11月26日に行われたW杯グループリーグ第2戦のメキシコ代表戦(2-0)で、圧巻ミドル弾による先制点をマーク。初戦のサウジアラビア戦でまさかの敗戦を喫したチームに今大会初勝利をもたらす活躍を見せた。この試合後、ロッカールームでチームメイトと歓喜する姿がSNS上で出回っていたなか、床に落ちたメキシコのユニフォームを足で触る場面が収められていた。

 もちろん故意ではなかったものの、このシーンに噛みついたのがメキシコ出身のカネロだった。米スポーツメディア「ESPN」は「“メキシコを軽視している”としてリオネル・メッシを罵倒」との見出しで、カネロのツイート内容に注目。自身にツイッター上で「メッシが我々のジャージと国旗で床を掃除しているのを見たか?」などと綴り、その行為に怒りを露わにしている。

 記事では「自国を軽んじているとしてアルゼンチン代表キャプテンのリオネル・メッシを脅迫した。4階級で世界選手権を制したカネロは、メッシの行為が故意であると感じた」と、反感を買ったことを指摘。このカネロの投稿に対し、ファンからは「誤ってメキシコのジャージに触れてしまっただけだ」などとメッシを擁護するコメントが多数寄せられたといい、世界的ボクサーの思わぬ脅しへの反響が広がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング