【W杯】金田喜稔がドイツ戦出場16選手を採点 「まさに心臓」「物足りなかった」選手は?

「日本の歴史を変えた」浅野、「チームを救った」堂安を高く評価

<途中出場>
■冨安健洋(アーセナル)=★★★★☆(4つ星)
←ハーフタイムIN
 まだ足の状態が万全ではないのかもしれないが、やっぱりピッチにいるとチームがぐっと安定する。崩される気がしない。攻撃参加もできるし、的確な守備も際立つ。このパフォーマンスで90分出場していたら文句なしに5つ星にしていた。

■堂安 律(フライブルク)=★★★★★(5つ星)
←後半26分IN
 南野のシュートをノイアーが弾いて、そのこぼれ球を逃さずにきっちりと詰めた。精度の高い左足でチームを救った形。キープ力もさすがで、時間を稼ぎながらしっかり時間を作ってくれた。守備でも貢献。伊東とポジションを変えながらバランスを取っていた。

■浅野拓磨(ボーフム)=★★★★★(5つ星)
←後半12分IN
 キープ力や突破力が光り、あの勝ち越し弾は値千金だった。あの角度のないコースから、ノイアーが待ち構えるなかで叩き込んだシュートは壮観。名手が防げない一撃で日本に歓喜を呼び込んだ。日本の歴史を変えてみせた。文句なしの最高点で、5つ星の中でも権田と双璧をなす貢献度の高さ。

■南野拓実(ASモナコ)=★★★★☆(4つ星)
←後半30分IN
 同点ゴールを呼び込んだ際のシュートのキレが光った。角度があまりないところから放ったいいシュートで、あれがなければゴールは生まれていない。三笘の前のスペースをケアするディフェンもしっかりこなし、かなり走っていた。最近結果を残せず、秘めた思いがあったように思う。その反骨心は強いメンタルの現れ。

■三笘 薫(ブライトン)=★★★★☆(4つ星)
←後半12分IN
 リズムを作ってくれた。彼のキープ力によって相手もうかつに飛び込めず、効果的なパスを南野に通して、その流れから堂安の同点ゴールが生まれた。守備でもしっかり貢献した。本来はもっとできる。決定的なシュートや鋭い切り込みは次回に期待したい。

金田喜稔

かねだ・のぶとし/1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド