C・ロナウド、合意の末に契約解除したマンUに言及 「ユナイテッドを愛し、ファンを愛してる」

クリスティアーノ・ロナウドがW杯期間中にユナイテッド退団【写真:ロイター】
クリスティアーノ・ロナウドがW杯期間中にユナイテッド退団【写真:ロイター】

マンUの発表に続き、ロナウドも声明

 イングランド1部の名門マンチェスター・ユナイテッドは現地時間11月22日、双方の合意によりポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの契約を解除したことを公式発表した。同時にロナウドも声明を発し、ユナイテッドに対して「残りのシーズンと未来の成功を願う」としている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ロナウドの声明は英メディアで一斉に報じられ、「マンチェスター・ユナイテッドとの話し合いの結果、契約を早期に終了することで双方が合意した。僕はマンチェスター・ユナイテッドを愛し、ファンを愛している。それはこれからも決して変わらない。しかし、僕にとって新たな挑戦をするのに適したタイミングだと感じている」と語った。

 そのうえで、ロナウドはユナイテッドに対して「残りのシーズンと未来の成功を願う」とコメントを寄せた。

 ロナウドは今月に入り、英メディア「トークTV」で旧知のジャーナリストによるインタビューを受け、エリック・テン・ハフ監督について「リスペクトをしていない」と発言するなど、クラブに対する批判的な言動を連発。ユナイテッドはインタビューが数回にわたって公開されるものだったことから、すべてを把握してから対応するとしていた。

 現在ロナウドはカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するポルトガル代表に合流しているが、ある意味では身辺を整理して史上最多タイ5回目の出場となる大舞台へと臨むことになる模様だ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング