アーセナル、プレミアトップで中断期へ 14季ぶりリーグ首位でのクリスマス到来も確定

アーセナルが首位で中断期間に入ることが確定【写真:Getty Images】
アーセナルが首位で中断期間に入ることが確定【写真:Getty Images】

マンチェスター・シティがブレントフォードに敗戦、首位で中断期間に入ることが確定

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルが2007-08シーズン以来14年ぶりにリーグ首位の座でクリスマスを迎えることが確定した。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 カタール・ワールドカップ(W杯)開幕をおよそ1週間後に控え、中断前最後のプレミアリーグの試合が11月12日、13日にかけて行われる。

 日本時間12日21時半キックオフの試合で現在2位のマンチェスター・シティがブレントフォードと本拠地で対戦し、後半アディショナルタイムの失点で1-2と敗北。今季2敗目を喫し、勝点32で足踏みとなった。

 この結果、日本時間13日午前4時45分キックオフの試合を控えるアーセナルが首位で中断期間に入ることが確定。アーセナルは勝てばシティとの勝ち点差を「5」まで広げることができる。例年とは異なる変則的な日程とはいえ、クリスマスを首位で迎えることも決まった。

 プレミアリーグ公式ツイッターによれば、アーセナルがリーグ首位でクリスマスを迎えるのは07-08シーズン以来実に14シーズンぶりとなる。ブレントフォードからアーセナルへ一足早いクリスマスプレゼントが送られる結果となった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング