「プレッシャーしかなかった」 川崎MF家長昭博、殊勲の決勝PKも本音「蹴りたくなかった」

川崎で活躍するMF家長昭博【写真:徳原隆元】
川崎で活躍するMF家長昭博【写真:徳原隆元】

同点で迎えた後半終盤、勝ち越しPKを決めてチームを2-1の勝利に導く

 川崎フロンターレは10月29日、J1リーグ第33節でヴィッセル神戸と対戦。同点で迎えた後半39分にMF家長昭博が決勝PKで勝負を決めたが、試合後には「蹴りたくはなかった」「プレッシャーしかなかった」と語った。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 2位の川崎は、首位の横浜F・マリノスに勝ち点2差に詰め寄ってホームで10位神戸を迎え撃った。

 家長を起点に攻撃を仕掛けるなか、前半20分にスコアが動く。相手のクリアボールをDF山根視来がブロック。こぼれ球に反応した家長がペナルティーエリア手前右から中央へ浮き球のボールを挙げると、走り込んだマルシーニョが受け、右足でゴールへ流し込んだ。

 1点リードで折り返した川崎だったが、後半6分に自陣でFKを献上。これを神戸MF小林祐希に完璧な直接フリーキック(FK)弾を決められ、同点に追い付かれた。

 首位の川崎が浦和レッズ相手にリードしている状況で、引き分けでは優勝を決められてしまう川崎は、攻撃のギアを上げていく。後半37分、FW小林悠が神戸DF小林友希と接触してファウルを獲得。その位置についてチェックが行われ、オンフィールドレビューの結果、主審はFKからPKに判定を変更した。

 キッカーを務めたのは家長。ゴール右を狙ったシュートは神戸GK坪井湧也に触れられるも、ゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。この1点を守り切り、川崎は2-1の勝利で最終節に逆転優勝の可能性を残した。

 試合後のフラッシュインタビューで、家長は「最後、(逆転)優勝するのに絶対に必要だった。(まだ)可能性があるので、勝ち点3を取れて良かったです」とコメント。GKとの駆け引きについては「なかった」とし、プレッシャーがかかっていたことも明かした。

「(正直PKを)蹴りたくなかったけど、入って良かったです。プレッシャーしかなかった。本当に入って良かった。これで最後に勝つしかなくなった。分かりやすい。勝って優勝できることを信じて頑張ります」

 2018年にシーズンMVPに輝いた経験を持つ百戦錬磨の家長は、最終節での歓喜の瞬間到来を見据えて全力プレーを続ける。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド