FC琉球のナチョ・フェルナンデス監督、今季限りでの退任発表 シーズン途中就任もJ3降格圏の21位以下が確定

FC琉球のナチョ・フェルナンデス監督が今季限りで退任【※画像はスクリーンショットです】
FC琉球のナチョ・フェルナンデス監督が今季限りで退任【※画像はスクリーンショットです】

今年6月に就任も、チーム再建を果たせず

 J2のFC琉球は10月19日、スペイン人のナチョ・フェルナンデス監督が契約満了により、今季限りで退任すると発表した。同監督は「特別な待遇について改めて感謝したいと思います」などとコメントしている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 同監督は今年6月、喜名哲裕前監督の契約解除に伴い、指揮官へ就任。スペイン1部バレンシアでヘッドコーチを務めるなど、経験値に期待が懸かったが、低迷するチームの再建を果たせず、今季はJ3降格圏の21位以下が確定した。

 契約満了による退任発表受け、「永遠に心の中に残るであろうこのクラブを去ります。このチームの結果はとても心を痛めるものですが私が着いた日から受けた皆様からの優しさ、思いやり、サポート、特別な待遇について改めて感謝したいと思います」などとコメントした。

■フェルナンデス監督のコメント

「皆様にとって複雑な数日を経て今日、私がクラブを離れることをお知らせします。思い描いていた目標が達成できなかった中で、永遠に心の中に残るであろうこのクラブを去ります。このチームの結果はとても心を痛めるものですが私が着いた日から受けた皆様からの優しさ、思いやり、サポート、特別な待遇について改めて感謝したいと思います。

 このクラブで本当に多くの素晴らしい人たちに出会いました。チームがとても困難な状況に置かれているにも関わらず皆様からの愛情を感じ、評価して頂いてると感じることができました。倉林社長、そしてクラブで働く全てのスタッフに最大級の感謝を伝えます。(GM、強化部、医療スタッフ、マネージャー、事務員、練習施設で働く皆様…etc)

 厳しい要求をする自分に対して、人としても仕事人としてもプロフェッショナルに応えてくれたことを感謝します。そして選手達が示してくれた模範的な態度、人なり、日々の取り組みにも最大級の感謝を伝えたいです。難しいシチュエーションの中でも献身性と努力、協力することを投げ出すことがありませんでした。常にベストを尽くしてくれました。

 この困難な局面な中でも、このクラブを素晴らしいものにしようと日々働き続けてくれたみなさんのひとりひとりの“人”としての仕事ぶりを隠すようなことをしたくありません。最後に私を受け入れてくれた街の皆様、無条件の愛情をたくさん注いでくれた皆様の人なりにも最大級の感謝を申し上げたいと思います。

 苦しい日々を過ごすリーグ戦だったにも関わらず着いた日から皆様から頂いた応援メッセージやおもてなしを私は一生忘れません。スタジアムでたくさんの方々に別れを告げたいと思っています。

 サッカーがこのクラブとこのクラブの素晴らしいファンの皆様に大きな喜びをもたらすことを確信しています。皆様はそれに値する最高のファン、サポーターだからです。

 ありがとうございました。 !Vamos Ryukyu!」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング