蹴られた側もなぜ? J2栃木×水戸の“2人同時退場”に日本代表OBが言及「選手目線で言えば、かなり理不尽」

栃木vs水戸で2選手が同時退場(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
栃木vs水戸で2選手が同時退場(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

元日本代表DF栗原氏は栃木DFグティエレスも退場になったことに疑問を呈す

 10月16日にカンセキスタジアムとちぎで行われたJ2リーグ第41節の栃木SC対水戸ホーリーホック(2-3)の一戦で、両チームの選手が同時に一発退場となるシーンが生まれ、元日本代表DF栗原勇蔵氏も「あれはキツい」と選手にとっては厳しい判定だと見解を述べている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 試合はホームの栃木が優勢に進めた。前半20分、こぼれ球に反応したDFカルロス・グティエレスの一撃で先制すると、同29分にはDF黒﨑隼人が追加点を奪う。水戸も前半アディショナルタイムにFW木下康介が1点を返し、栃木が2-1とリードして前半を終えた。

 問題のシーンが起きたのは後半開始からわずか1分10秒後だ。水戸が自陣からロングボールを前線に蹴り込み、後半頭から投入された水戸FW安藤瑞季と栃木DFグティエレスが球際で激しいマッチアップを見せる。身体を張ってボールをキープする安藤に対して、グティエレスも粘り強く寄せると、2人はそのままもつれ込んでピッチに倒れ込んだ。

 ここでグティエレスと安藤が激しく接触し、感情を露わにした安藤が詰め寄って蹴る形となった。主審が笛を吹いて試合を止めると、まずは安藤にレッドカードが提示された一方、グティエレスにもレッドカードが出され、記録上は後半3分に2人が同時に一発退場となった。試合はその後、水戸がFW唐山翔自の2ゴールで3-2と逆転勝利を収めている。

 元日本代表DF栗原氏は、「安藤は激しいマークにイラッとして咄嗟に足を出してしまいましたね」と言及。安藤の一発退場はその行為を踏まえて妥当なものだとしつつ、グティエレスに対するレッドカードに関しては疑問を呈した。

「選手目線で言えば、かなり理不尽です。正直、自分がレッドカードを出されたら、反論する気にもなれないくらいに……。退場判定でピッチをあとにしていくグティエレスの顔が物語っている気がします。このあとにチームも逆転負けを喫していますし。喧嘩両成敗にしたかったのかもしれないでけど、あれはキツいですね」

 2人同時退場には、百戦錬磨の元日本代表DF栗原氏も理解しがたい部分があったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド