「非常識だ!」「恥ずかしい」 バルサのクラシコ特別版ユニフォームが不評、“フクロウ”ロゴに呪い懸念?「勘弁してくれ」

バルセロナの新ユニフォームがお披露目(写真は現在のホームユニフォーム)【写真:ロイター】
バルセロナの新ユニフォームがお披露目(写真は現在のホームユニフォーム)【写真:ロイター】

「Spotify」とのスポンサー契約の一環で特別仕様のユニフォームを着用

 スペイン1部リーグ注目のビッグカード、レアル・マドリード対FCバルセロナの“エル・クラシコ”が今週末(10月16日)に開催されるなか、バルセロナがこの試合で特別版ユニフォームを着用すると発表。世界的ラッパーのブランドロゴが入った1着にファンからは酷評の声が寄せられるとともに、「呪い」を懸念する声が広がっていると海外メディアが注目している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 バルセロナは今週末、アウェーで宿敵レアルとのクラシコに臨む。クラブの発表によると、敵地サンチャゴ・ベルナベウでの一戦では特別版ユニフォームを着用するという。普段は音楽ストリーミングサービス「Spotify」のロゴが前面に入ったシャツを着用しているバルサだが、グラミー賞を4度受賞したカナダ人ラッパー・ドレイクのレーベルロゴをシャツの前面に施した1着を身に纏う。

 この異例の取り組みは、「Spotify」と新たに結んだスポンサー契約の一環。公式サイトには「バルサとSpotifyは、ジャージの前面にドレイクのロゴを入れることで、ドレイクが(Spotifyで)500億回再生された最初のアーティストとなったことを祝う」と記され、同様の施策は今後も行われるようだ。

 バルサの“ブラウグラナ”(青とえんじ)のユニフォームは変わらずも、ドレイクのレーベルロゴであるフクロウのシルエットが前面にあしらわれた1着に対する評価はいま一つのようだ。伝統の一戦にふさわしくないシャツと思われているのか、SNS上では「このクラブは終わった」「冗談だろ」「これは非常識だ!」「恥ずかしい」といった酷評の声が多く上がっている。

 さらに、英メディア「スポーツ・バイブル」は「このラッパーの“呪い”とされるものが、今シーズンで最も重要な試合の1つで再び襲ってくるのではないかと心配するファンもいるようだ」と報道。記事によると、総合格闘家のコナー・マクレガーやテニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズなど、各界のスター選手がドレイクと一緒に写真を撮った後、敗戦を喫している過去があるようで、バルサファンはその“呪い”を懸念しているという。

 ファンからは「ドレイクの呪いは勘弁してくれ」「やばい」「ドレイクの呪いが完全に効いている。レアル・マドリードが3-1で勝利する」と、冗談めかした投稿が寄せられていると同メディアは指摘。クラシコに向けたバルサの異例の取り組みは、さまざまな意味で話題を提供しているようだ。

※一部、本文内容を訂正しています。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング