「上手すぎ」「凄え」 スポルティング守田の“おしゃれ”股抜きアシストに驚き、相手翻弄のバックヒールパスが話題「セクシー」

スポルティングMF守田英正【写真:Getty Images】
スポルティングMF守田英正【写真:Getty Images】

移籍後初ゴール&リーグ戦初アシストと躍動、チーム2点目のパスシーンが反響

 ポルトガル1部スポルティングの日本代表MF守田英正は、現地時間9月30日のポルトガルリーグ第8節・ジル・ヴィセンテ戦(3-1/ホーム)で先発フル出場。移籍後初ゴールとリーグ戦初アシストをマークしたなか、バックヒールでの絶妙“股抜き”アシストシーンに「上手すぎる」「マンガの世界」と驚きの声が広がっている。

 日本代表の欧州遠征明け後、最初のリーグ戦となったジル・ヴィセンテ戦で、守田は3-4-3システムの中盤でスタメン出場。すると0-0で迎えた前半16分、MFヌーノ・サントスがエリア内から放ったシュート性のクロスをファーポスト側で右足を伸ばしながらゴールへ押し込み、スポルティング移籍後初得点をマークした。

 圧巻だったのが、同22分のリーグ戦初アシストシーンだ。後方からのロングボールを前線左サイドに抜け出して受けた守田は、相手が蹴り上げたボールをエリア内で力強くキープすると、マーカーを背負いながら相手の股を抜くバックヒールパスを供給。これを背後を駆け上がったMFペドロ・ゴンサウヴェスが受けそのまま持ち込んで2点目をマークした。

 技術と判断が光ったアシストシーンに対し、ポルトガルメディア「BOLA NA REDE」は「2点目を決めたポテ(ペドロ・ゴンサウヴェス)に、崇高なヒールパスを提供した」と喝采。ファンの間でも反響が広がっており、ハイライト映像が公開されたスポーツチャンネル「DAZN」公式YouTubeチャンネルのコメント欄には「上手すぎる」「トラップも凄え」と驚きの声が上がった。

 さらに、ポルトガルメディア「VSPORTS」の公式ツイッターでもアシストシーンの動画が公開されており、「おしゃれなヒールパス」「超絶アシスト」「エグい」「セクシーパス」と、ファンが熱視線。日本代表戦明けのリーグ戦で、特大なインパクトを放ったテクニックに賛辞が続々と届いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング