谷口のタックルは「100%PKとは言い切れない」 元レフェリー・家本政明氏、日本×エクアドルの判定に持論「難しい事象」

【動画】「JFA」公式ツイッターが公開、日本代表DF谷口彰悟がエクアドルにPKを献上したシーン

【動画】「JFA」公式ツイッターが公開、日本代表DF谷口彰悟がエクアドルにPKを献上したシーン

【読者アンケート】日本代表@9月欧州遠征

家本政明

いえもと・まさあき/1973年生まれ、広島県出身。同志社大学卒業後の1996年にJリーグの京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に入社し、運営業務などに携わりつつ、1級審判員を取得。2002年からJ2、04年からJ1で主審を務め、05年から日本サッカー協会のスペシャルレフェリー(現プロフェッショナルレフェリー)となった。J1通算338試合、J2通算176試合、J3通算2試合、リーグカップ通算62試合で主審を担当し、J通算516試合担当は主審として歴代最多。2021年12月4日に行われたJ1第38節の横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦で勇退。今年からJリーグのフットボール本部・フットボール企画戦略部のマネージャーに就任した。レフェリー目線で試合を解説し、質問に対して忖度ゼロ・NGなしで回答するオンライン配信イベント「家本政明ぶっちゃけLABO」も大好評。

今、あなたにオススメ

トレンド