南野拓実、三笘演出の絶好機で左足ボレーミスにファン嘆き 「決めてほしい」「W杯大丈夫?」

日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

後半12分、三笘がドリブルでチャンス演出も南野がゴールできず

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月24日、ドイツ・デュッセルドルフでの国際親善試合でエクアドル(同44位)と対戦。トップ下で先発出場したMF南野拓実(ASモナコ)が後半12分に決定機を迎えるも仕留めきれず、ファンからもため息が上がった。

 9月23日の国際親善試合アメリカ戦で2-0と快勝した森保ジャパンは、エクアドル戦でスタメンを総入れ替え。攻撃陣は2列目にMF堂安律(フライブルク)、MF南野拓実(ASモナコ)、三笘、1トップにFW古橋亨梧(セルティック)が入った。

 一進一退の攻防が繰り広げられるなか、日本は前半5分、カウンターから三笘が左サイドをドリブルで駆け上がろうとしたところを、エクアドルがイエローカードで止めて突破を許さない。さらに前半7分、三笘が左サイドからカットインしてクロスを供給し、南野がヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられなかった。

 南野はトップ下として攻撃に絡み、前半40分には古橋の決定機を呼ぶチェイスをしたなか、後半12分に絶好のチャンスを迎える。

 三笘が左サイドで緩急をつけたドリブルでDFを置き去りにし、マイナスのクロスを供給。ペナルティーエリア内で反応した南野が左足ボレーで合わせるも、シュートは枠の左へ外してしまった。

 ツイッター上では、ファンが「決めてほしい」「ワールドカップ大丈夫?」「惜しい」「コンディション悪いのか?」などとコメント。南野は後半22分に途中交代となった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング