吉田麻也が明かしたシャルケ入りの背景 W杯から“逆算”が決め手に「7月までにと思っていた」

日本代表DF吉田麻也【写真:河合 拓】
日本代表DF吉田麻也【写真:河合 拓】

今夏、ドイツ1部シャルケ入りを決断、新天地移籍までの経緯とは?

 日本代表は9月23日にドイツで行われるアメリカ代表との国際親善試合に向けて、トレーニングキャンプを行っている。21日の練習後、取材に応じたDF吉田麻也は、チーム全体を見ながらも、自身のコンディションを整えないといけないキャプテンの難しさを口にしつつ、夏の移籍市場で新天地にドイツ1部シャルケを選ぶ際に、ワールドカップ(W杯)から逆算していたことを明かした。

 昨シーズン限りでイタリア1部サンプドリアとの契約が満了した吉田には、多くのオファーが届いていたという。そのなかでシャルケを新天地に選んだ理由について、これまでに元日本代表DF内田篤人が所属していた当時から憧れていたことも明かしていたが、カタールW杯からの逆算も大きかったという。

 吉田が最後に日本代表の活動に参加した6月のチュニジア戦では0-3の大敗を喫し、吉田自身も全失点に絡んでいた。キャプテンという立場上、チーム全体に気を配る必要がある一方で、一人の選手として調整も欠かせない。

 吉田は「こういうポジションは非常に難しい。大きな大会になると広い視野を見がちになる。そうなると自分の足もとがおろそかになる。この4年くらい、周りを見すぎて自分の足もとが……というのがあった。今回は、そこを引き締めていかないといけないことは重々理解している」と、9月の2連戦では、自身のパフォーマンスも問われることを自覚する。

 そして、「W杯で結果を出すために、ああいうところ(シャルケ)に身を置いてやっているのは、もちろんある」と言い、移籍市場の早い段階で新天地を決めた理由に、W杯の存在があったことを明かした。

「早くチームを決めて、この2か月間シャルケでプレーしましたが、より良いチームを選ぶために、(移籍先決定を)引っ張ることもできました。でも、11月に(W杯に)行くためには、9月に良いパフォーマンスをしないといけない。そのためには開幕から試合に出ないといけない。そのためには、プレシーズンをしっかり準備しないといけない。ということで、7月までに良いチームを決めようと思っていた。そのなかでシャルケに決めた」と、W杯から逆算していたことが、夏の移籍市場の早い段階で、移籍先が決まった背景にあったと話している。

 そして「今、現状でプレシーズンを戦って、(シーズン開幕後は)勝ち点は取れていないけれど、良いコンディションで来られている。しっかりと良いパフォーマンスで、代表の11人の枠、キャプテンとしての立場に値するパフォーマンスをしたいと思っている」と、意気込みを口にした。

 夏の時点で、すでに9月シリーズも意識していた吉田。果たして、チュニジア戦の借りを返すような安定感あるプレーを見せ、チームをまとめることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」