「美しい」 韓国代表、“鬼、虎、三太極”デザインのW杯新ユニフォームが大好評「鎧のように着て出る」「初めて」

韓国代表の新ユニフォームに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
韓国代表の新ユニフォームに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

11月のカタールW杯で着用する新ユニフォームを9月19日に正式発表

 韓国代表が11月のカタール・ワールドカップ(W杯)で着用する新ユニフォームが9月19日に正式発表された。「鬼、虎、三太極」が盛り込まれた新デザインに注目が集まっている。韓国メディア「ソウル経済」が報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 韓国文化の象徴として挙げられた鬼と虎がテーマで、ホームユニフォームは上下ともに伝統的な赤で彩られている。ナイキは「赤色は恐れずに堂々と立ち向かう鬼を見て発想した」とし、「虎の縞模様を形象化した波模様パターンを肩の部分に加えて勇猛な力と気概を込めた」と説明を加えた。

 またアウェー用は黒地に赤、青、黄色の原色模様が覆っており、ナイキは「三太極から始まった赤、青、黄色の全面プリントは全世界に広がる韓流を表す」としている。韓国女子代表MFチ・ソヨン(水原FC)は「三太極を象徴していて、こんな多彩なカラーのユニフォームは初めて」と驚きを露わにした。

 韓国男子代表MFファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)は「鬼と虎は、恐れずにどんな相手にも立ち向かうイメージ。鎧のように着てスタジアムに出ることができて誇らしい時間になりそう」と絶賛。また、韓国男子チームを率いるパウロ・ベント監督も「美しいデザイン」と称賛しており、好評を博しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング